自費治療薄毛・抜け毛(AGA)
  • スタッフブログ

川越ヒフ形成外科クリニック

所在地

住所 〒350-1167
埼玉県川越市大袋新田815-1
最寄駅 西武新宿線 南大塚駅 徒歩5分
駐車場12台有り
診療科目 皮膚科・美容皮膚科・形成外科

お問い合せ

TEL : 049-241-4127

地図

診療時間

診療時間
9:00~
12:00
14:00~
18:00
【休診日】木曜、日曜祝日

男性型脱毛症(AGA)とは

AGA(エージーエー)とはAndroGenetic Alopeciaの略称で、男性型脱毛症の意味です。

現在、4人に1人が、薄毛や抜け毛に関する悩みをもつと言われています。

髪の毛の生え変わりにはサイクルがあり、抜けてもすぐに生えかわり、常に一定の髪の毛の量を保ち続けるのが通常です。通常であれば、生えかわった髪の毛の太さや柔軟性も以前と同じものが生えてきます。薄毛・抜け毛は、この生え変わりのサイクルが止まってしまったり、生えかわった髪の毛が細くなって髪の毛の総量が減ったように見えることで生じます。

また髪の毛の悩みは、一度自覚して、意識が髪の毛に集中してしまうと、神経質になり、ストレスの元にもなってしまいます。

男性型脱毛症(AGA)には、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが関与しています。薄毛を引き起こす原因とされるDHTは、男性ホルモンであるテストステロンが5α還元酵素(リダクターゼ)と結びつくことで生成されます。薄毛に悩む男性の頭皮(脱毛箇所)には通常よりも多くのDHTが確認されています。

AGAの治療法

AGAにはいくつかの治療法が存在しますが、当クリニックでは投薬(内服)治療を行っております。当該治療は、自費診療(保険適用外治療)となりますので、費用は全額自己負担となります。

薄毛の進行を抑制する治療薬

主に薄毛の進行を抑制する治療薬として、『フィナステリド(プロペシア)』と『デュタステリド(ザガーロ)』の2種類があります。薄毛の原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンであるテストステロンが5α還元酵素(リダクターゼ)と結びつくことで生成されますが、デュタステリドとフィナステリドは男性ホルモンがDHTに変化するのを阻害する効果があります。

フィナステリド(プロペシア)とは

フィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成する酵素を阻害することでDHTの産生を抑制します。服用することで、AGAの進行を抑制する効果が期待できます。

プロペシアとは、米国メルク株式会社が開発した「フィナステリド」を有効成分とする男性型脱毛症(AGA)治療薬です。現在すでに世界60カ国以上で承認されており、世界初の医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬です。日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月より国内にて発売開始されております。「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があります。剤形は円形でピンク色に近いフィルムコーティング剤です。

プロペシアの有効成分フィナステリドは、5α還元酵素阻害薬という分類のお薬で同じ分類のお薬として「プロスカー」の名で前立腺肥大の薬があります。

国内臨床試験ではプロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められています。またプロペシア1mgの1年間投与により40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められております。改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のある統計データが出ています。

デュタステリド(ザガーロ)とは

デュタステリドは、フィナステリドと同じくAGAの原因であるDHTを生成する酵素を阻害することでDHTの産生を抑制します。
デュタステリドの特徴として、フィナステリドは5α還元酵素(リダクターゼ)II型のみDHTと結び付くのを阻害するに対し、デュタステリドは5α還元酵素(リダクターゼ)I型とII型の両方がDHTと結び付くのを阻害することにより、より高いAGAの進行を抑制する効果が期待できます。
またデュタステリドは、薄毛の進行を抑制するだけでなく、発毛・育毛を促す効果も期待できます。

ザガーロとは、イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)が開発した「デュタステリド」を有効成分とする男性型脱毛症(AGA)治療薬です。日本では、2015年9月28日に厚労省から製造販売承認を受け、2016年6月13日に発売が開始されました。「ザガーロカプセル0.1mg」と「ザガーロカプセル0.5mg」の2種類があります。剤形は長楕円形で白色の軟カプセル剤です。

ザガーロの有効成分デュタステリドは、5α還元酵素阻害薬という分類のお薬で同じ分類のお薬として「アボルブ」の名で前立腺肥大の薬があります。

フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の違い

5α還元酵素(リダクターゼ)には、I型とII型の2種類があります。フィナステリドはII型のみに対して、デュタステリドはI型・II型の両方が男性ホルモン(テストステロン)と結び付くのを阻害することによりAGAの進行を抑制します。
臨床試験において、「ザガーロ0.5mg」 の24週間の内服は、「プロペシア1mg」の同様の内服に比べて発毛効果が約1.6倍であるとする臨床データがあり、非常に注目されています。
フィナステリドは薄毛の進行を抑制する効果のみに対し、デュタステリドは薄毛の進行を抑制するだけでなく、発毛・育毛を促す効果も期待できます

主な副作用

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 肝機能障害
  • 頭皮の痒み、かぶれ
  • 倦怠感、食欲不全
  • 動悸、息切れ
  • めまい、立ち眩み
  • 多毛症

服用時の注意点

  • 同じ種類の成分を服用しない
    5αリダクターゼの阻害作用を持つ成分とは一緒に服用できません。
    具体的には、フィナステリドとデュタステリドを併用することはできませんのでご注意ください。5αリダクターゼの阻害作用を持つ成分の薬を併用すると、副作用のリスクを大きく高める恐れがあるため危険です。
    他の薬を併用されたい場合、必ず事前に医師へご申告の上服用について判断を仰いでください
  • 女性及び小児は服用禁止
    ※女性及び小児への使用が原則認められていません。
    妊娠されている方や授乳されている方は、お子様の健康への影響も考えられますので絶対に服用しないでください。また、小児に対しても安全性が確立されていません。そして成分は皮膚からも吸収されるため、女性及び小児の方は直接触れることも避けるようにしましょう。

  • 肝機能障害のある方
    ※フィナステリド及びデュタステリドは肝臓で代謝される治療薬であるため、肝臓にある程度の負担がかかります。そのため、もともと重度の肝機能障害を持つ方は治療薬の成分が上手く代謝されず副作用が強く出る恐れがあり、服用については注意が必要です。
    肝臓に病気がある場合は、必ず事前に医師へご申告の上服用について判断を仰いでください
  • 前立腺ガンの検査を受ける予定がある場合は、事前に医師へご申告ください
    前立腺ガンを調べるためのPSA(血清前立腺特異抗原)検査を受ける場合、AGA治療薬の成分がPSA値を下げてしまうため、服用していると正しい検査結果が得られない恐れがあります。治療薬の成分が検査に影響を及ぼし、前立腺がんの見逃しに繋がる恐れがあります。結果的に命にかかわることとなるため、正しい検査結果を得るためにも、申告漏れがないようご注意ください
  • 服用中および服用後6ヶ月間は献血をしない
    ※血中濃度の半減期が3~5週間と長い医薬品です。献血者に影響を与えるため、服用中はもちろんのこと服用中止後も血中濃度が下がるまで献血はできません

AGA治療および治療薬(内服薬)の処方について

AGA治療薬は、ED治療薬のバイアグラやレビトラ、シアリスと同じように薬価基準未収載薬のため健康保険適用外となります。当クリニックでも自費診療扱いとなりますので、自費診療の初再診料およびAGA治療薬も全額自己負担となります。何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

当クリニックでも、AGAの治療は全額自己負担となることから、より多くの方に料金の負担を抑え長期的に治療を行っていただけるようにAGA治療薬(内服薬)の厚生労働省から認可を受けたジェネリック薬品を処方しております。

当クリニックで処方されているAGA治療薬の種類について

有効成分フィナステリドのジェネリック薬品の処方料金

AGA治療は保険適用外となりますので、全額自己負担となります。

有効成分フィナステリドのジェネリック薬品の処方料金
自費初診料  ※当クリニックにて初めて自費診療をお受けいただく方
 ※前回の自費診療から3カ月以上経過されている方
3300円(税込)
自費再診料  ※前回の自費診療から期間が3カ月未満の方 1100円(税込)
有効成分フィナステリド
ジェネリック薬品
1箱(28錠入) 5000円(税込)
  • ※ AGA治療薬の処方には、AGA治療薬代金と合わせまして自費初診料または自費再診料をお支払いいただきます。
  • 診察は予約制ではございません

有効成分デュタステリドのジェネリック薬品の処方料金

AGA治療は保険適用外となりますので、全額自己負担となります。

有効成分デュタステリドのジェネリック薬品の処方料金

自費初診料  ※当クリニックにて初めて自費診療をお受けいただく方
 ※前回の自費診療から3カ月以上経過されている方
3300円(税込)
自費再診料  ※前回の自費診療から期間が3カ月未満の方 1100円(税込)
有効成分デュタステリド
ジェネリック薬品
1箱(30カプセル入) 8000円(税込)
  • ※ AGA治療薬の処方には、AGA治療薬代金と合わせまして自費初診料または自費再診料をお支払いいただきます。
  • 診察は予約制ではございません

AGA治療ご希望の方の受付時間について

◎AGA治療をご希望で初めてご来院される方

  • 【受付時間】
  •  午前:  8時50分受付開始~11時30分受付終
  •  午後:13時50分受付開始~17時30分受付終了

◎AGA治療をご希望で再来院される方

  • 【受付時間】
  •  午前:  8時50分受付開始~12時00分受付終
  •  午後:13時50分受付開始~18時00分受付終了
  • 診察は予約制ではございません
  •  ※AGA診察には、自費初診料または自費再診料をお支払いいただきます。
  • ※ご来院時ならびにお電話にて診察のご予約は承っておりませんので、上記の受付時間内にお越しいただきますようお願い申し上げます。

川越ヒフ形成外科クリニック

住所:〒350-1167 埼玉県川越市大袋新田815-1
最寄駅:西武新宿線 南大塚駅 徒歩5分
診療科目:皮膚科・美容皮膚科・形成外科

049-241-4127
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
◆休診日 木曜、日曜祝日
↑